始めた瞬間から効果あり!!輪ゴムを使った『足が速くなる方法』

「今すぐ足が速くなりたい!!」と願う方はたくさんいると思います。

でも、そんなドーピングみたいな方法あるわけがない、、、

実はそんなドーピングのような方法が、始めた瞬間から効果がある『足が速くなる方法』があるんです。

ドーピングに必要なもの、それは輪ゴムです(笑)

スポンサードリンク



この輪ゴムを使った足が速くなる方法は伊藤家の食卓というTV番組でも取り上げられており、誰もが知っている即効性のある方法かもしれません。

しかし、この方法は短期的な効果だけでなく、長期的に見ても足が速くなるのに役立ちます。

今回の記事では、輪ゴムを使った足が速くなる方法のメカニズムについて説明させていただきます。

輪ゴムを使った『足が速くなる方法』

36ee6bb69494b2b425b9fc7af351e4af_s

まず、輪ゴムを二つ用意してください。

次に、その輪ゴムを足首にかけてください。

足首のかけた輪ゴムを伸ばして親指に引っ掛けてください。

この時、輪ゴムを一回ねじってから親指にかけるのがポイントです!

輪ゴムを装着したら、後は走るだけです(笑)

個人差はあると思いますが、私の場合これだけで中学時代、50メートル走のタイムが0.2秒縮まりました。

↑この動画では輪ゴムにより足が速くなること実証してくれています。三回走ってだいたい約0.2秒速くなっています!

まあ、かなり即効性もありますし、ドーピングと言っても嘘ではないかもしれませんね(笑)私もこのドーピングに何度も助けられました(体育祭の徒競走とか)(笑)

スポンサードリンク



輪ゴムの効果

輪ゴム使って走ると足が速くなる。これは間違いありません。

それでは、なぜ輪ゴムを使って走ると足が速くなるのでしょうか?

輪ゴムを使って走ると、足の甲が早く返り、つま先がピンッと上がる感じがしませんか?

実はこの感覚が速く走るためには非常に重要になってきます。片足立ちになって、もう一方の足の膝をできるだけ早く上げるという動作を以下二つの条件で行ってみてください。

(a)足首を曲げた状態で膝を上げる

(b)足首を伸ばした状態で膝を上げる

条件(a)の方がスムーズに膝が上がったと思います。

これが輪ゴムの効果(フォームの修正)です。

走るときに意識するフォームとは?

こちらの記事⇒家で5分でできる『足が速くなるトレーニング』でも紹介しましたが、走るときに意識するフォームは3つあります。

①前傾姿勢で走る(猫背になってはいけません)

②腕は肘を直角にしてふり、膝を前に出していくように走る

③顎を引いてまっすぐ前を見る

輪ゴムを使うことによって、条件②の『膝を前に出していくように走る』という動作がサポートされます。

その結果、自然と速く走れるフォームが身についていくというわけです!

中学1年生(鈍足時代)の頃、私は部活の時は常に足に輪ゴムをつけて練習に励んでいました。夏場などは足がかゆくなって辛かったですが、常に輪ゴムをつけて練習に励みました。

その結果、中学三年生の頃には50メートル走のタイムが7.4秒となりました。(中学校入学当初の50メートル走のタイムは8.7秒)

フォームの修正

これは輪ゴムによって、自分の走るフォームが修正されたからだと思っています。部活の顧問の先生にも「入部した時と比べて走り方がずいぶんきれいになった」と言われました。

実際、輪ゴムをつけたまま部活の練習をしていたのは半年くらいです。半年くらいで自分の走り方が修正されてきたのを感じたので、それ以降は上記の三つの条件を意識して走ることを心がけていました。

輪ゴム以外でもフォームを修正!

速く走るためには『速く走るためのフォーム』を身につけることが必要不可欠です。

もちろん筋力トレーニングも必要ですが、きれいなフォームを身につけることを最優先してください。理想のフォームを身につければ、速く走るための筋肉も自然とついてきます。

本題に戻りますが、輪ゴム以外にもフォームを修正する道具があることはご存知ですか?

ゴルフボールでもフォーム修正!

輪ゴムだけでなく、ゴルフボールを使っても『フォーム修正』の効果が得られます。

やり方は簡単、ゴルフボールを持って走るだけです(笑)

ゴルフボールを持って走ることによって、肩の力が抜けて腕がまっすぐ自然にふれるようになります(これも条件②にあてはまりますね!)

このゴルフボールも使った方法もかなりおススメです。輪ゴムと併用することにより、効果の現れ方、理想のフォームの定着の速さが格段にアップします。

さすがに危ないので、ゴルフボールを持って部活の練習をすることはなかったですが(笑)

坂道ダッシュもおススメ!

フォームの修正には『坂道ダッシュ』もおススメです。

坂道を早いスピードで駆け上がろうとすることにより「腕を大きく振り、膝を前に出していくように走る」といった、速く走るための理想的なフォームが自然と身に付きます。

また、坂道ダッシュはフォームの修正以外に、「加速力の向上」にも効果が期待できるレジステッドトレーニングという側面も持ち合わせています。

レジステッドトレーニングについては、こちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください!

レジステッドトレーニングで『加速力』を向上させる足が速くなる方法!サッカー選手に必須の『坂道ダッシュ』

まとめ

今回の記事では、輪ゴムを使った足が速くなる方法のメカニズムについて説明させていただきました。

常に輪ゴムをつけて走ることによって、『速く走るためのフォーム』が自然と身につくので、短期的効果(ドーピング)だけでなく、長期的な効果も期待できます。

もちろん科学的な根拠があるわけではありませんが、私自身が実験台となって足を速くすることに成功したので、自信を持ってこの方法をおススメできます!

是非、騙されたと思って、この輪ゴムを使った『足が速くなる方法』を実践してみてくださいね!!!

輪ゴム以外にも『縄跳び』を使った『足が速くなる方法』もお手軽にできるのでおススメしています。

こちらの記事も1度読んでみてください!

『縄跳び』を使った『足が速くなる方法』足を速くする方法!『縄跳び』の効果

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です