腕の振り方に着目した『足が速くなる方法』

皆さんは走るとき、腕の振り方は意識していますか?

「速く走りたいなら、腕をもっと速く振れ!」中学時代の部活の顧問の先生に良く言われました。

それまでの私はこの『腕を振る』ことの意味をきちんと理解しておらず、ただがむしゃらに腕を振って走っていました。

スポンサードリンク



しかし、腕の振り方が足の速さにどのように関係しているかを理解して、正しく腕を振ることに意識して走ることにより、こんな私でも速く走れるようになりました。

この記事では、腕に振り方に着目した足が速くなる方法について説明していきたいと思います。

腕を振ることの重要性

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

速く走るためには、腕を正しく振ることが非常に大切です。

足が速くない人の特徴として、腕は速く振っているけど横に振っていたり、腕の振り幅自体が小さいなどが挙げられます。このような走り方では、上半身の力が下半身のうまく伝わらず効率が悪いです。

そもそも、なんで走るときに腕を振るのでしょうか?

その理由は、もちろんですが速く走るためです。速く走るためには足を効率良く、速く動かす必要があります。

腕の振りの重要性を説明する前に、前提として知っておいてほしいことがあります。

それは、足の速さ=ストライド×ピッチ という原理です。

そうです、見ての通り掛け算です(笑)

速く走るためにはこの掛け算の数式をいかに大きくできるかにかかっています。ストライドとは一歩の幅、ピッチとは足の回転の速さを意味しています。

腕を大きく振ればストライド(一歩の幅)が大きくなり、腕を速く振ればピッチ(足の回転)が速くなります

腕を振ることの重要性はご理解いただけたでしょうか?正しく腕を振ることによって、上半身の力が無駄なく下半身に伝わり、ストライドとピッチが大きくなります。

「正しい腕の振り方ってどんな振り方?」と疑問を持たれる方もいるかと思います。

次は正しい腕の振り方について説明していきます。

正しい腕の振り方

『走る』という動作は全身運動です。速く走れない人たちの多くは、下半身の動きを重要視しがちですが、下半身ではなく上半身の動き(腕の振り)に気を配っていくべきです。

私も鈍足だった時代は、目も当てられないようなジタバタした走り方をしていました。本人は足を速く動かそうと頑張っているんですけどね(笑)

走るときに腕を振る目的は、上半身で生み出した力を下半身に伝え、骨盤の動きからその力を推進力(ピッチの速さ)に変換していくことです。

スポンサードリンク



腕を振るときに意識すること

では、どのようなことを意識して腕を振ればよいのでしょうか?

腕を振るときに意識してほしいことは『肩甲骨を動かすように肘を後ろに引く』ことです。

これから走るときは腕をふるというより、肘を90度に曲げて、肩甲骨を動かすように肘を後ろに引くことを意識してください。

↑現100m世界記録保持者、人類最速の男ウサイン・ボルト選手の走りを見ると、肘をしっかり引き、肩甲骨を動かすことにより上半身の力を下半身にもれなく変換していますね!

足が速くなる方法の一つの手段として『前傾姿勢で走る』ことが良く紹介されていますが、それを意識しすぎて猫背になってしまっている人がたくさんいます。

猫背で走る癖がついてしまっている人はこの肩甲骨を意識した動作が非常にやりづらいと思います。

『肩甲骨を動かすように肘を後ろに引く』ことを意識することにより、自然と胸を張って背筋を伸ばすようになります。そのため、フォームの修正にも効果的です。

↑この動画では『肩甲骨を動かすように肘を引く』という動作を分かりやすく解説してくれているので参考にしてください。

腕を振るための筋トレ

速く走るためには腕を正しく振ることが大切ということは、お分かりいただけたかと思います。

最後に、腕を振るための筋トレを紹介したいと思います。

腕を振るための筋トレ、それは皆さん一度は必ずやったことのある『腕立て伏せ』です。

腕を速く振るためには、胸筋や肩まわりなどの上半身の筋肉が非常に大切になってきます。短距離の陸上選手は皆さん鎧のような上半身をされていますよね(笑)

キャプチャ

腕立て伏せを正しい方法で行うことにより、効率よく腕や肩まわりの筋肉を鍛えることができます。

腕立て伏せで意識すること

以下2つのことを意識して腕立て伏せを行ってみてください。

①両肘を深く曲げ、肩甲骨を内側に寄せるイメージで顔を床に着く寸前まで下げる

この時、肩甲骨がしっかり動くように意識してください

②カラダは常にまっすぐに!

肘を曲げるときにお尻が上がってしまう人が結構います。これでは肩に負荷がかかりすぎてしまい、肩を痛めてしまいます。

↑文字では分かりづらいと思いますので、この方の腕立て伏せのやり方を参考にして下さい!

まとめ

この記事では、正しい腕の振り方に着目した『足が速くなる方法』について説明させていただきました。

『肩甲骨を動かすように肘を後ろに引く』ことを意識して腕を振ることによって、上半身の力が下半身へ効率よく伝わります。それによって、ストライド(一歩の幅)とピッチ(足の回転力)が大きくなり、速く走れるようになります。

また、腕を正しく振ると、上半身が生み出した力を下半身に無駄なく推進力として伝えることができるので、スタミナを節約し効率よく走ることができます。

つまり、省エネな走りができるということです!

サッカーは試合中に何度もダッシュを繰り返さなければいけないスポーツなので、このような効果も非常に魅力的ですね!

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。是非、明日の練習から腕の振り方を意識して走ってみてください!!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です