クッションで体幹を鍛える!バランスディスクの効果とは?

皆さんは普段の体幹トレーニングに「バランスクッション」を取り入れていますか?

「バランスクッション」は別名「バランスディスク」とも呼ばれ、元々は医療用のリハビリ器具として開発されましたが、世界中のアスリートから注目され始めたことがきっかけで、今では『バランスクッション=体幹トレーニング器具』といった印象の方が強いかもしれません。

スポンサードリンク



バランスクッションに乗ると、その不安定さからカラダがバランスを保とうとするので、インナーマッスルをはじめとする様々な筋肉に刺激を送ることができます。

その結果、バランス感覚を養うと同時に体幹筋を鍛えることができ、身体能力が総合的に向上します。

つまり、「バランスクッション」を有効活用することにより、トレーニング効果が高まるということです。

そこで、今回は「バランスクッション」を用いた体幹を鍛える方法について説明させていただきます^^

体幹の役割

a6981242e76c8ee966ea0bc1d2c53a33_s

「体幹を鍛えると、バランス感覚やパフォーマンスが向上する」

このような表現はネットや雑誌上でも良く見かけます。しかし、その根拠まで詳しく書かれているものは少ないです。

そのため、皆さんの中では「体幹を鍛えると何か良いことが起こる」「スポーツ選手なら体幹トレーニングをするべき」といったボンヤリとしたイメージなのではないでしょうか?

体幹の役割や体幹を鍛える目的については過去記事で何度か解説させていただきましたが、もう一度簡単におさらいしておきましょう^^

体幹が機能する場面

日常生活において、体幹は私たちが気付かないところで機能してくれています。

例えば、あなたは停車している電車に乗っており、足元にはあなたのカバンが置かれているという場面を想像してみてください。

このような状況で電車が突然動き出したら何が起こるでしょうか?

電車が急に動きだすと、あなたのカバンはぱたりと倒れてしまいます。

しかし、あなた自身はカバンのように簡単に倒れたりはしないですよね。

これが、体幹が機能している場面です。

車内の揺れを体幹筋が感知し脳に伝えることで、脳が『どのように踏ん張れば揺れの影響を小さくできるか』を身体中の筋肉に指令を出します。

これにより上半身の体幹筋(多裂筋・脊柱起立筋)・腕・脚などが動作して、私たちは車内で倒れないように『踏ん張る』ことができます。

この『踏ん張る』という動作が非常に重要です。

もし、試合中に相手選手からタックルをくらった時、体幹筋を機能させて『踏ん張る』という動作ができなければ、自身のパフォーマンスを発揮することはできません。

長友選手が良い例です。彼は170㎝とサッカー選手としては小柄な体格でありながら、海外の大きな選手と互角以上に渡り合っています。

これは普段から体幹を鍛えて、『踏ん張る』力を高めているからです。

つまり、体幹の役割とは…

ここまでの説明を簡単にまとめると

体幹を鍛えることにより、不安定な体勢でもバランスを取り、自分の身体を思い通りにコントロールできるようになる

ということですね^^

これは、相手選手との接触が避けられないスポーツをされている方にとっては欠かすことのできない能力です。

スポンサードリンク



バランスクッションを用いるメリットとは

バランスクッションに乗ると、その不安定さから身体が自然とバランスを取ろうとしますよね?

この「自然とバランスを取ろうとする」というのが肝で、普段のトレーニングにバランスクッションを取り入れるだけで『踏ん張る』という動作を強化し、習慣づけることができます。

これが、バランスクッションを用いる最大のメリットです。

バランスクッションを用いたトレーニング

では、普段のトレーニングにどのように「バランスクッション」を取り入れていけば良いのでしょうか。

実際のところ、「さあトレーニングをするぞ!」と意気込まなくとも、下の動画のようにTVを観ながらバランスクッションの上に片足立ちをするだけでも、バランス感覚が養われて『踏ん張る』動作が強化されます。

それだけ、バランスクッションのトレーニング効果は絶大だということです。

これだけじゃ物足りないという方は、普段何気なく行っている「腕立て伏せ」「スクワット」などにバランスクッションを取り入れてみてください。

トレーニングの難易度は上がりますが、確実に体幹筋に刺激を送ることができますよ^^

バランスクッションはダイエットにも効果的!

バランスクッションを用いる最大のメリットは「バランス感覚の向上」であると先ほど述べましたが、これ以外にもメリットはたくさんあります。

例えば以下のようなメリットが挙げられます。

  • 基礎代謝向上
  • 腰痛解消・姿勢改善

バランスクッションに乗ると、身体の安定を保とうとするので、通常の筋トレでは鍛えられないインナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルは血行を促進させて身体の代謝を高める働きがあるので、痩せやすい身体に生まれ変わることができます。

また、バランスクッションはもともとリハビリ器具として開発されたものなので、継続してトレーニングを行うことで、脊柱や骨盤の歪みが少しずつ矯正されていき腰痛解消・姿勢改善といった効果も期待できます。

まとめ

今回は「バランスクッション」を用いた体幹を鍛える方法について説明させていただきました。

バランスクッションに乗ると、その不安定さから身体が自然とバランスを取ろうとします。

この習性を上手く利用して普段のトレーニングに取り入れるだけで、バランス感覚を養い、『踏ん張る』という動作を強化することができます。

『踏ん張る』という動作は、相手選手との接触が伴うスポーツをされている方にとっては欠かすことのできない能力です。

「バランスクッション」はネットやスポーツ量販店でお手軽に購入できますので、是非普段のトレーニングに取り入れてみてください^^

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

こちらの体幹を鍛える関連の記事もおススメです!⇒器具&グッズを使った体幹を鍛える方法!バランスボールの効果とは?

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です