【サッカー】久保建英ってどんな選手?経歴や高校は?

皆さんは久保建英というサッカー選手を知っていますか?

久保建英選手はスペインの名門バルセロナにその才能を認められ『日本のメッシ』と呼ばれ、日本に帰国後は史上最年少でJリーグデビューを果たした天才プレイヤーです。

スポンサードリンク



これ以外にも数々の記録を打ち立て、東京オリンピックでも活躍が期待される久保建英選手。

今回の記事では、次世代の日本サッカーを背負うであろう久保建英選手の経歴や進路(進学先の高校など)について調査してみました^^

久保建英ってどんなサッカー選手?

kubo

バルセロナでのプレー経験を持ち、史上最年少でJリーグデビューを果たした久保建英選手。

彼のこれまでの経歴を見ていきましょう^^

2001年6月4日生まれの久保建英選手は小学校1年生の時に地元の川崎市にあるクラブチーム「FCパーシモン」にてサッカーを始めました。

川崎フロンターレ時代

小学校3年生からは川崎フロンターレの下部組織に入団しました。

この時のセレクションには600人が参加し、合格できたのは久保選手含め3人しかいなかったそうです。

そして、4年生の時にはすでに6年生チームと試合に出場するなど、常に飛び級でプレーをしていました。

小学生の時からサッカーに対するこだわりが強く、1つ1つの練習を無駄にしないように心がけており、チームメイトからも一目置かれる存在だったそうです。

バルセロナ時代

久保建英選手がバルセロナでプレーすることになったきっかけは、2009年(小学校2年生の時)に参加したFCバルセロナキャンプでMVPに選ばれたことです。

このキャンプは毎年300人以上の子供たちが参加するイベントで、その人気の理由はMVPに選ばれた選手は「バルセロナスクールで本場のトレーニングが受けられる」からです。

このチャンスを掴んだ久保選手はFCバルセロナスクール選抜に入りました。

そして、ベルギーで開催されたソグデソ・ヨーロピアン・ルーサスカップにFCバルセロナスクール選抜として参加し、チームは3位に終わったにもかかわらずここでもMVPに選ばれました。

最終的に、この時チームを率いていたコーチの推薦などもあり2011年9月よりバルセロナの下部組織「カンテラ」に入団を果たしました。

この時の久保建英選手は9歳でした。あのメッシですらバルセロナに入団したのは13歳だったのでまさにこれは偉業ですね。

バルセロナでも久保選手のサッカー技術は健在でリーグ戦得点王や大会得点王&MVPになるなど、数々のリーグやトーナメント制覇の立役者として活躍しました。

しかし、バルセロナが外国人補強問題でFIFAから罰則を受けて公式戦に出場できなくなったことが原因で2015年3月に退団することになりました。

FC東京時代

帰国後はFC東京に入団し、中学3年生ながらFC東京U‐18に飛び級昇格を果たしました。

そして、2016年11月5日にはJ3リーグ第28節AC長野パルセイロ戦に出場し、Jリーグ史上最年少記録を塗り替えました。

高校に進学するのか?

2016年にJリーグに晴れてデビューした久保建英選手ですが、人生と言う長い目で見たときに高校に進学するかしないかは重要な選択となりますよね。

15歳でJリーグデビューを果たした森本選手は東海大学望星高校の通信制に通っていましたが、久保選手もこのような通信制の高校に通うことになるのでしょうか?

持って生まれた才能を最大限に発揮するためにもサッカーだけでなく生活環境にもこだわっていく必要がありますね。

スポンサードリンク



レアルマドリードで活躍する中井卓大選手も紹介!

久保建英と同じく幼少期から類まれぬ才能を発揮し、現在レアルマドリードの下部組織でプレーしている中井卓大選手についても調べてみました^^

スペインへ渡る前は滋賀県守山市にあるクラブチーム「アズー滋賀」でプレーしていた中井選手。

その頃YouTubeに投稿された動画が96万回再生を超え、その名が一気に全国に知れ渡りました。

日本人で初めてレアルから正式に入団選考テストの招待状が届いたことがきっかけで、2013年4月よりスペインに渡りました。

12歳にして「インファンティールA(U‐14)」に昇格するなど、現地でも中井選手のサッカーセンスは並外れたものがあり、今後の活躍に期待ですね^^

まとめ

今回は次世代の日本サッカーを背負うであろう久保建英選手の経歴や進路(進学先の高校など)についてお話しさせていただきました。

久保選手や中井選手はまだ若く身体がどのように成長するかによって今後の活躍度合が変わってきますが、2人のサッカーセンスは日本サッカーにとっては非常に大きな財産です。

現在、数十名の日本人がサッカー留学でスペインに渡っているそうですが、18歳以下の国際移籍禁止問題などにより、これらの選手が久保選手と同様にいつ日本に帰国してきてもおかしくありません。

そんな時に彼らの成長の芽を摘まないためにも、日本サッカーの育成力のさらなる向上を願っています。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です