【サッカー】一対一で超有効な抜き方とは?

サッカーはチームで行う競技です。

しかし、相手チームが完全に守りに徹してパスで切り崩せない時などは、個の力で局面を打開していく「一対一の強さ」が求められます。

強いチームには必ず突出して個人技の優れた選手がいます。

スポンサードリンク



それでは、突破力のあるドリブルをするためにはどのような抜き方が効果的なのでしょうか?

今回の記事では突破力のあるドリブルをするために必要な「ボールの扱い方」や、一対一の局面で使えるおススメの「抜き方」についてお話ししたいと思います。

ドリブルに必要な「ボールの扱い方」

erasiko

どんなに難しいフェイントを習得しても試合で使えなかったら意味がありません。

練習ではできるのに試合では上手く力を発揮できないという方は、まずドリブル時の「ボールの扱い方」を見つめなおしてみましょう^^

ドリブルをする際に意識してほしいことは以下3つです。

  • 利き足だけを使う
  • アウトサイドを使う
  • 三角形の中でボールを触る

「三角形の中でボールを触る」ってなんだ?と思われたかもしれませんが、とりあえず順番に見ていくことにしましょう^^

利き足だけを使う

リフティングやドリブルなど、日本のサッカー教育ではこれらの動作を左右バランスよく行うことが良しとされる風潮がありました。

しかし、メッシなどの世界トッププレイヤーのドリブルを見るとどうでしょうか?

現実問題、メッシ、ロッペン、ネイマールなどのドリブラーと称されるプレイヤーは例外なく利き足を多用するドリブルを行っています。

また、利き足だけを使った方が走るリズムに合わせてボールタッチを行えるのでドリブルスピードも上がります.

アウトサイドを使う

ドリブルで仕掛ける時は、アウトサイド(小指の付け根あたり)を用いるようにしましょう。

アウトサイドを使った方がボールを押し出すように運ぶことができ、足に吸い付くようなドリブルができるようになります。

三角形の中でボールを触る

「三角形の中でボールを触る」とは下の写真のように、自分の重心の範囲内(三角形の内側)でボールを触るということです。

doriburu

↑これからドリブルをする時は「ひざ」「ひざの延長線上の地面」「蹴り足の足首の直下の地面」の3点を結んだ三角形の中でボールに触ることを意識しましょう!

感覚的に言うと、走るために脚を動かし、その途中にボールがあり、走るついでにアウトサイドでボールを押し出すといったイメージです。

三角形の外でボールに触ってしまうとつま先を使ったドリブルになってしまいがちなので、方向転換や切り替えしをとっさに行うことができずボールを奪われる確率が高まります。

スポンサードリンク



一対一で効果的な抜き方を紹介

突破力のあるドリブルをするために必要な「ボールの扱い方」についての説明の次は、ドリブル突破を狙う時におススメの抜き方の紹介をさせていただきます。

【抜き方①】エラシコ

エラシコはロナウジーニョの代名詞とも呼ばれるフェイントです。

このフェイントを習得すれば相手の動きの逆を確実に突き、DFを置き去りにすることができます。

エラシコは2タッチ目のインサイドによる切り替えしをいかにスムーズに行えるかがポイントになってきます。

そのためには1タッチ目(アウトサイド)の時に、ヒザをボールよりも先行させることが重要です。

そうすることにより、動くボールを足が追い越しやすくなるのでインサイドによる鋭い切り替えしが可能となります。

↑こちらの動画の解説が非常に分かりやすいです^^

ここでも「三角形の中でボールを触る」ことがポイントになってきますね!

【抜き方②】クライフターン

このフェイントの名前はオランダのヨハン・クライフが得意としていたことが由来しています。

相手を引き付けて足のインサイドでボールを軸足の後ろに通して急激にターンすることにより、DFを置き去りにするフェイントです。

相手とボールの間に自分の身体があるためボールが奪われにくいというのが最大の特徴です。

キックフェイントと組み合わせて使うとより効果的です。

まずは上手い選手のドリブルを真似てみよう!

スポーツ以外にも言えることですが、最初のうちは上手い選手のプレーを真似ることが上達への一番の近道です。

なので、YouTubeなどで自分の憧れる選手のドリブルを観て「良いイメージ」を持ちながら練習すると良いでしょう^^

そして、実際にボール使って練習していない時もその「良いイメージ」を頭で思い描き、理想的なドリブルイメージを脳の潜在意識の中に刷り込んでおきましょう。

そのイメージに体が反応して突然試合で実際のプレーとして現れます。

「良いイメージ」を持つために

この本では基礎的なフェイント~世界のトッププレイヤーが扱うような高度なフェイントまで様々な抜き方が紹介されています。

また、付属DVDには松井選手が実技指導を行うレッスンコーナーも収録されており、ドリブル時の細かい足の使い方なども確認しながら「良いイメージ」を脳に刷り込むことができます。

突破力のあるドリブルを習得したいという方は一読する価値ありです^^

まとめ

今回は、突破力のあるドリブルをするために必要な「ボールの扱い方」や、一対一の局面で使えるおススメの「抜き方」についてお話しさせていただきました^^

今後様々なフェイントを習得していくためにも、ドリブル時の正しい「ボールの扱い方」をマスターしておくことがとても大切です。

  • 利き足だけを使う
  • アウトサイドを使う
  • 三角形の中でボールを触る

普段の練習からこれら3つのことを意識してボールを扱うようにしましょう!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です