【サッカー】ポジション解説!ボランチとアンカーの役割とは?

サッカーはポジションごとの役割を理解してプレーするのがとても大切な競技です。

チームの戦術が上手く機能するかは、それぞれの選手が各々の役割を理解しているかにかかっています。

スポンサードリンク



今回は、チームの守備の要や攻撃の起点となるボランチとアンカーというポジションの役割について解説をしていきます。

これらのポジションは地味であまり目立つことではないかもしれませんが、チームの戦術の要のなるとても大切な役割を担っています。

彼らが試合中に何を意識しているのかが分かるとサッカーをより楽しくプレーでき、また楽しく観ることが出来るようになるのではないでしょうか。

ボランチの役割を解説!

borannti

ボランチの役割はディフェンダーの少し前にいて、敵のボールをパスカットすることです。

サッカーの試合中継などでもボランチの選手がパスカットをして、相手の攻撃の芽を摘んでいるシーンが多く観られますよね^^。

突然に画面に出てくることも多いので、試合の解説ではよく背番号で呼ばれたりすることも多いです(笑)

サッカーの試合でディフェンダーはそう簡単にパスカットをしにいけません。

なぜかというと、パスカットに失敗すると自分の背後にできたスペースに走り込まれて大きなピンチを招くことになるからです。

なので、ディフェンダーは基本的には自分の裏を取られないことを前提に守備を固めるという姿勢をとります。

しかし、それでは相手チームからボールを奪うことはできません。

ここで登場してくるのがボランチというわけです。

敵のパスコースを予想して慎重にパスカット出来るタイミングを伺い、チャンスと見るや一気に飛び出してくインターセプトをするというのがボランチに求められる能力です。

そのため、ボランチは守備の要として守備の指示を出したりすることも求められます。

相手のパスコースを限定していくようにDFラインをコントロールしなければならないので広い視野も必要です。

ボランチは攻撃の起点にもなる!

相手チームからボールを奪うということは、自身のチームの攻撃が始まるということを意味します。

相手のDFラインが万全ではないうちに素早くスペースを見つけ、そこに走り込むFWに正確にパスを届けるという判断力と正確なボールコントロールもボランチには求められます。

ボランチの働き次第でピンチが一気にチャンスに変わることも多く、試合の流れを一気に変えることのできるポジションと言えるでしょう。

守備的な役割をしていることが多いので実況解説のコメントも少なかったりしますが、いきなり画面に出てきて得点に絡む決定的な仕事をするポジションで、ボランチの役割が分かっていると試合をより楽しく観ることが出来るでしょう。

スポンサードリンク



アンカーの役割を解説!

アンカーの役割はMFと言われる中盤を作る人の後ろにいて、攻撃と守備のバランスを取ることです。

サッカーというのは攻撃と守備の切り替えをいかにバランスよく行うかが試される競技です。

攻撃に集中しすぎると守備がおろそかになり、カウンターをくらって一気に得点されてしまいます。

また、防御一辺倒でもゴールが奪えないので勝つことができません。

ですから、攻撃をしているときも守備の事を考える必要があり、守備をしている時も攻撃を考える必要があります。

これを常に考えているのがアンカーというポジションです。

チームが攻撃を仕掛けている時もアンカーはフィールド全体を見渡してスペースが空きすぎていないかを確認しています。

スペースが大きく空いていると、そこにボールを出されるて一気にカウンターをくらってしまうからです。

全てのスペースを無くすことは物理的に不可能ですから、アンカーは味方の選手の配置が出来るだけ均等になるように指示を出していきます。

このように、アンカーはチーム全体のバランスをとることが任務なので、常に冷静に試合を分析する能力が求められることになります。

味方が優勢であっても常に最悪の事態を考えてプレーすることが求められるので、ある意味ではピッチ上の指揮官のような役割を担っています。

日本代表の長谷部選手のような試合を常に客観的な立場で見ることができる選手がアンカーにピッタリですね^^。

守備から攻撃に移る時などにボールを任されることが多いですが、決定的な局面ではあまりボールに絡むことはありません。

まさに縁の下の力持ち的なポジションですね^^

まとめ

今回は、ボランチとアンカーというポジションの役割について解説させていただきました。

ボランチとアンカーに共通して必要な能力はピッチ全体を見渡す広い視野です。

カウンター時は相手のDFラインの隙を瞬時に見つけ、そこに走り込むFWに正確にパスを届けるという判断力と正確なボールコントロールも求められます。

とても頭を使う仕事でもあり、試合を常に客観的な立場で見ることができる冷静沈着な方に向いているポジションと言えますね^^

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です