【サッカー】シュートの精度向上!トラップの重要性

サッカーにおいて、基本中の基本のプレーである『トラップ』。

あなたは試合中に、どのようなことを意識してトラップをしていますか?

ボールの勢いを吸収して、足元にボールを収める

このような考えでトラップをしているようでは駄目です。

スポンサードリンク



一流のサッカー選手は、試合中に「次に自分はどんなシュートを打つのか」「味方選手はどんなポディションにいるのか」などを常に考え、次のプレーを見据えてボールをコントロールします。

「次のプレーを見据えたトラップ」に加えて、世界のトップ選手たちのトラップを見ていると、ある共通点があります。

世界のトップ選手たちのトラップの共通点とは何なのでしょうか?

今回は、試合中にプレーの質を大きく左右する『トラップ』について説明していこうと思います。

1.トラップでプレーの質は大きく左右する

busuketu

サッカーにおいて、トラップ(ファーストタッチ)からパスやシュートなどの次のプレーをいかにスピーディーに行えるかで大きな差が生まれます。

トラップしてから次のプレーまでがもたついていると、せっかくのチャンスを失うどころか、ボールを奪われてたちまちピンチを招いてしまいます。

ボールを止めてから、次のプレーを考えているようでは論外です。

一流のサッカー選手は、常に次のプレーを考えてボールをコントロールしています。

世界のトップ選手たちのトラップの共通点とは?

冒頭で述べていた「世界のトップ選手たちのトラップの共通点」として、どこにボールを止めるのか予測がつかないといったことが挙げられます。

これは「次のプレーを見据えたトラップ」の次のステージと考えて良いでしょう。

どこにボールを止めるか予測させない『トラップ』はプロの選手でもそう簡単にできるプレーではありませんが、マスターすればプレーの幅は確実に広がります。

どこにボールを止めるか予測させない『トラップ』は、バルセロナのボランチでプレーしているブスケツ選手などが得意としていますね。

さて、どこにボールを止めるか予測させない『トラップ』とは具体的にどのようなトラップのことを指すのでしょうか?

2.どこにボールを止めるか予測させない『トラップ』とは?

まずはこちらの動画を見てください。

↑この動画のような、味方からの横パスをもらう瞬間に相手DFがプレスにくるといった状況は試合中によく訪れますよね。

足元にしかボールを止めることができない選手であれば、この状況でボールをもらっても相手選手にプレスをかけられて、味方にバックパスをするという選択肢しかないでしょう。

この状況でプレーの選択肢が「バックパス」しかなければ、相手選手にバックパスを狙われてインターセプトされてしまうという最悪のケースも考えられますね。

しかし、この動画の選手のようにワンタッチで前を向けるようなトラップ(以下「反転トラップ」)ができれば、相手選手もうかつにプレスをかけにいくことができません。

突っ込み過ぎたら、ワンタッチで抜かれてしまいますからね。

「反転トラップ」ができれば、1:23~のように相手選手の裏をかいてかわすこともできます。

何が言いたいかというと、「反転トラップ」ができるとできないで、味方からパスを受ける状況での相手選手からのプレスのかけられ方が全然違ってくるということです。

反転トラップができる選手には、相手選手は思い切ってプレスに行くことができないのです。

スポンサードリンク



反転トラップのコツ

反転トラップのコツはボールを受ける時に、軸足の前でボールの斜め上を撫で下ろすように踏むことです。

正しくこの動作を行えば足が後方に接地するので、その勢いを利用して身体を反転させましょう。

ポイントは軸足の前でボールを触ることです。これにより相手選手は、あなたがボールを受けてから「反転するのか?しないのか?」と判断に迷い、思い切ったプレスができなくなります。

↑こちらの動画を見れば、反転トラップをする時の足の使い方のイメージが湧くかと思います。

日本人選手は反転トラップが苦手?

今回紹介している「反転トラップ」ですが、日本人選手で完璧に扱えている選手はそう多くはないです。遠藤保仁選手や中村憲剛選手などの日本代表クラスのボランチでプレーしている選手は「反転トラップ」を使いこなしていますが。

原因は日本サッカーの伝統!?

「反転トラップ」があまり日本に浸透していない要因として、「DFは相手選手に突っ込むな!」という教えが根付いているということが挙げられるのではないでしょうか。

今はどうか知りませんが、少なくとも私がサッカーをしていた頃は「DFは相手選手に突っ込むな!相手選手がトラップした後のボールを狙え!」と監督に教え込まれていました。

このような守備のセオリーがあったせいか、自分の中では「ボールは足元に止める」が常識となっていました。

しかし、海外のサッカーリーグを観ているとどうでしょう。前線からガンガンにプレスにいっていますよね(笑)

このような環境に「ボールは足元に止める」が常識の日本人選手が飛び込んでいけるはずがないです。Jリーグでは活躍できたとしても、ワールドカップなどで海外選手の激しいプレスをうけたら、ボールタッチすらまともにできないでしょう。

「ボールは足元に止める」という常識のままでは、海外のテンポの速いサッカーには通用しません。

そうならないためにも「反転トラップ」をマスターして、激しいプレスがくる環境下でも自分のプレーができるような選手になりましょう。

まとめ

今回の記事では、サッカーにおける基本中の基本のプレーである『トラップ』について掘り下げてみました。

海外リーグのような激しいプレスの環境下で自分のプレーをするためには、「次のプレーを見据えたトラップ」に加えて、どこにボールを止めるか予測させない『トラップ』をマスターしなければいけません。

「反転トラップ」を使いこなす選手はプロサッカー界でもそう多くはいませんが、逆に使いこなせれば大きな武器となります。今回紹介した動画などを参考に是非マスターしてください!

今回は「シュートの打ち方」に関しては一切触れなかったですが、シュートに関する記事はこれまでにたくさん書いていますので、そちらの方も是非ご覧ください!

こちらの記事がおススメです!⇒サッカー選手必見!絶対に決まるシュートコースとは?

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

2 件のコメント

  • はじめまして!ひろのりです。
    ランキングサイトからきました。
    たまに、子ども達にサッカーを教える機会があるんですが、トラップしてから、次のプレーを考えてるなと思うところがたたありますね。
    また、寄らさせていただきます。

    • コメントありがとうございます!
      ひろのりさんは、どこかのクラブチームのコーチをされているんですかね?
      「次のプレーを考えてトラップする」というのは技術的な問題と言うよりも、その選手の意識の問題だと思っています。
      まずは、常に次のプレーを考えることの必要性に選手自身が気づく必要がありますよね。
      またよろしければ、記事の感想をお聞かせください^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です