サッカー選手必見!シュートの上手さは『音』で分かる?

あなたがシュートを打つ時、インパクトの瞬間にはどんな『音』がしていますか?

実は、実際にボールを蹴っている姿を見なくても、シュートを打つ瞬間のインパクト音を聞けば、その選手のシュートの上手さはある程度予測できてしまいます。

スポンサードリンク



シュートを打つ時に一般的に用いられる蹴り方は「インステップキック」です。

「インステップキック」で強烈なシュートを打つために必要なことは「足の甲でボールの中心を強く押し出すように蹴る」でしたよね?

これができているかどうかがボールを蹴った瞬間のインパクト音に如実に表れます。

今回の記事では、インパクトの瞬間の『』に着目しながら、サッカー選手に必須の「インステップキック」の蹴り方をおさらいしたいと思います。

シュートの基本は「インステップキック」

e9481efa3782bcd32cd2408b0b29c281_s

これまでの記事で『無回転シュート』『カーブシュート』『落ちるシュート』など、様々な高度なテクニックを要するシュートを紹介してきました。

これらのシュートをマスターするためには、「インステップキック」で強いボールを蹴る感覚を身につけておかなければいけません。

「インステップキック」で強いボールを蹴るために養ってほしい感覚とは以下の3つです。

  • ボールの中心を正確にインパクトする感覚
  • 足首を固定する感覚
  • ボールを強く押し出す感覚

これら3つの感覚を養うことにより、「足の甲(インステップ)でボールの中心を強く押し出すように蹴る」ことができるようになります。

それでは、これら3つの感覚について順番に見ていきましょう!

ボールの中心を正確にインパクト!

「インステップキック」で強烈なシュートが打ちたいなら「ボールの中心を正確にインパクト技術」を身につけることが絶対条件です。

「自分が思った通りの箇所をインパクトする技術」は『無回転シュート』『カーブシュート』『落ちるシュート』すべてのシュートに必須な技術です。

『カーブシュート』はボールの中心の横、『落ちるシュート』はボールの中心の下を正確にインパクトしなければなりません。

まずは「ボールの中心を正確にインパクトする技術」を磨こう!

正確なインパクト力を身につけたいなら、まずは「ボールの中心を正確にインパクトする技術」を磨くことに専念してください。

その理由は、ボールの中心を正確にインパクトできているか否かの判定がしやすいからです。

『カーブシュート』や『落ちるシュート』正確にインパクトができていなくても、それっぽい回転がかかるので判定が難しいです。

「ボールの中心をインパクトすること」を目的に蹴ったボールの回転が少なかったら、ボールの中心を正確にインパクトできている証拠です。

なので、『無回転シュート』の練習に励むことが「シュート力の向上」の一番の近道かもしれませんね!

『無回転シュート』の蹴り方はこちら無回転シュートの打ち方!インサイドでも打てる?

ボールの中心を正確にインパクトする感覚を養う練習メニュー

ボールの中心を正確にインパクトする感覚を養うのにおススメの練習が「リフティング」です。

リフティングをする時は、できるだけボールに回転をかけないように意識しましょう。

※意識的に回転をかける練習方法もあります。

↑こちらは「リフティング・ハイ」という練習メニューです。ボールを高く上げ、そのボールを地面に落とさないようにリフティングを続けられるようになりましょう。

ボールの中心を正確にインパクトできていなければ、ボールがしっかり真上に上がらずリフティングを続けることは難しいでしょう。

上がったボールをインサイドやアウトサイドを使ってトラップするのも良い練習になりますね!

スポンサードリンク



足首を固定する&ボールを強く押し出す!

「ボールを強く押し出す感覚」と「足首を固定する感覚」はセットで養うことをおススメします。

「インステップキック」で強いシュートを打つために必要なことは「足の甲でボールの中心を強く押し出すように蹴る」でしたよね?

足首を固定する理由

「インステップキック」の威力は、どれだけ「足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴れるか」で決まります。

足首を固定していなければ「ボールを押し出す」という動作が安定せず、シュートの精度が高まりません。

『音』で分かる?ボールを強く押し出す感覚!

シュートの威力を左右する「ボールを押し出す」動作。

「ボールを強く押し出す技術」を身につければ、サッカー選手としてレベルが1段階上がることは間違いないです。

「ボールを強く押し出す」ことができれば、「インパクト音」や「ボールの伸び」がガラッと変わります。

冒頭でも述べましたが、実際にボールを蹴っている動作を見ていなくても「ボールを強く押し出す」ことできているか否かがインパクト音だけで判断できます。

「ボールを強く押し出す」ことができていれば「ボン」と重く・鈍い音がします。

ちょっと伝わりにくいですかね(笑)

「ボールを強く押し出す」コツ

強いシュートが打てる選手は「ボールを強く押し出す」ことができているからです。

「ボールを強く押し出す」とは「ボールに体重を乗せる」と言うことです。

「ボールを強く押し出せている」「ボールに体重が乗っている」選手の共通点として、ボールをインパクトした後に軸足が自然と浮き上がり、前に着地しています。

↑この動画を観てください。

この動画のキッカーは意識的に「ボールを強く押し出す」ために、インパクト後の蹴り足の着地点をできるだけ前にとっています。

「インパクト後の蹴り足の着地点をできるだけ前方にとる」これが「ボールを強く押し出す」コツです。

まとめ

今回は、インパクトの瞬間の『音』に着目しながら、サッカー選手に必須の「インステップキック」の蹴り方のおさらいをさせていただきました。

「インステップキック」の威力は、どれだけ「足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴れるか」で決まります。

「足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」ためには、以下3つの感覚を養う必要があります。

  • ボールの中心を正確にインパクトする感覚
  • 足首を固定する感覚
  • ボールを強く押し出す感覚

ボールの中心を正確にインパクトする感覚は「リフティング」で養うことができます。

「インパクト後の蹴り足の着地点をできるだけ前方にとる」これが「ボールを強く押し出す感覚」を掴むコツです。

今回紹介させて頂いた3つの感覚を養うことで、あなたのサッカー技術は爆発的に高まります。

これら3つの感覚を身につけて『無回転シュート』『カーブシュート』『落ちるシュート』などの難易度の高いシュートにも果敢にチャレンジしてみて下さい!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

※シュートの威力を高めるためには、ボールを強く押し出すための『腸腰筋』という体幹筋を鍛えたり、体幹のひねり(回旋)を足の振りに加えることもポイントとなってきますので、こちらの記事も是非ご覧になってください!

【サッカー】シュートの威力に必要な筋肉とトレーニング!

 

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です