サッカー選手必見!伸びのある『重い』シュートを蹴る方法!

ゴールキーパの手をはじくような伸びのある『重い』シュートを蹴れるようになりたい!

サッカー選手であれば、必ず一度は思ったことがあるでしょう。

スポンサードリンク



伸びのある『重い』シュートを蹴るためにはどのようなトレーニングをすればよいのでしょうか?

王道な方法ではありますが、「インステップキック」を極めることが一番の近道だと思っています。

インステップキックの威力を高めるために必要なことは以下3つです。

  • 『腸腰筋』を鍛える
  • ボールにインパクトする瞬間は「足首を固定」する
  • ボールの中心を正確にインパクトする

今回の記事では、インステップキックで伸びのある『重い』シュートを蹴るために必要な3つの要素について説明させていただきます。

伸びのある『重い』シュート!腸腰筋を鍛える!

e67441a0505f2408af7b92c3be0c5785_s

サッカー選手なら誰しもが憧れる、ゴールキーパーの手をはじく強烈なシュート。

このような強烈なシュートを蹴るためには『腸腰筋』を鍛えることは絶対条件です。

腸腰筋とは?

『腸腰筋』とは、背骨~骨盤~太ももの骨までをベルトのように繋いでいる体幹筋の総称です。

私の書いている記事では『腸腰筋』を激推ししています(笑)

『腸腰筋』は背骨~骨盤~太ももの骨までつなぐ筋肉なので、日常生活では膝を上げるときなどに使われています。

『腸腰筋』を鍛えると『重い』シュートを蹴る以外にも、足を速くしたり、ボディバランスの向上などにも役立ちます。

なので、『腸腰筋』はサッカーに限らず、スポーツマンであれば必ず鍛えておかなければならない筋肉と言えます。

こちらの記事では『腸腰筋』の役割について詳しく書いていますので、是非参考にしてください!

『腸腰筋』の役割⇒お尻歩きに着目した『足が速くなる方法』

スポンサードリンク



シュート力と『腸腰筋』

なぜこんなにも『腸腰筋』を鍛えることを勧めるのでしょうか?

これまでの記事でも何度も説明してきましたが、強烈なシュートを蹴るためには「ボールを強く押し出す」ように蹴る必要があります。

この「強く押し出す」ために『腸腰筋』が必要になってきます。

「強く押し出す」感覚は無回転シュートなどの難易度の高いシュートをマスターするためにも欠かせません。

『腸腰筋』のトレーニング

『腸腰筋』は「お尻歩き」や「スクワット」などでも鍛えることができますが、『シュート力の向上』という観点から見ると「ウォーキングランジ」というトレーニングが最も効果的です。

「ウォーキングランジ」は『腸腰筋』を鍛えると同時に、股関節の可動域を広げることができるため『シュート力の向上』には最適なトレーニングです。

↑「ウォーキングランジ」のやり方はこちらの動画を参考にしてみてください!

ウォーキングランジのやり方!

ウォーキングランジで効率良く『腸腰筋』を鍛えるためのいくつかのポイントを紹介しておきます。

  • 一歩一歩は大きく、しっかりと踏み込む
  • 腹筋に力を入れて、身体がグラつかないようにする
  • 身体の反動を使わないようにする

ウォーキングランジは足の入れ替え時に片足立ちになります。この時に腹筋に力を入れて身体がグラつかないように意識することで、腸腰筋以外の体幹筋も鍛えることができ、ボディバランスの向上に繋がります。

また、腸腰筋を効率よく鍛えるためにも、反動で上体を起こすのではなく、足の裏でしっかりと地面を捉えて上体を起こすようにしましょう。

伸びのある『重い』シュート!足首は固定しよう!

インステップキックで意識すべきことは「蹴り足の足首を固定して、足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」です。

シュートの威力は、いかに「足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴れるか」にかかっています。

どれだけ一生懸命に練習していても、「足首の固定」をおろそかにすると「足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」という蹴り方が上手く身に付きません。

サッカーは、ただがむしゃらに練習しても上達しません(どのスポーツも基本的にはそうですが)

今回のインステップキックであれば、「足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」という蹴り方をするにはどうすればよいか?など、常に考えて練習に励むようにしてください。

膝からの下の振りを意識しよう!

「足首の固定」と併せて、インステップキックで大切なポイントをもう1つ紹介させていただきます。

それは「蹴り足の振り」です。

強烈なシュートを打つためには、蹴り足の膝から下をコンパクトに振ることを意識する必要があります。

コンパクトなスイングでボールの中心をインパクトして、インパクト後は「蹴り足の足首を固定して、足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」

『重い』シュートを蹴るまでのプロセスを言葉で表すとこんなかんじになりますね(笑)

インパクトの後に軸足が自然と前に浮き上がるようになれば「ボールを押し出すように蹴る」ことができている証拠です。

↑こちらの動画のキッカーは「ボールを押し出すように蹴る」のがとてもうまいです。そのため、蹴った後は軸足が自然と浮き上がっていますよね!

伸びのある『重い』シュート!ボールの中心を正確にインパクト!

『腸腰筋』を鍛えて「蹴り足の足首を固定して、足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」ことができるようになったら、後は足の甲(インステップ)でボールの中心を正確にインパクトするだけです。

「ボールの中心を蹴る」感覚を養うには「リフティング」がおススメです。

これから「リフティング」をする時はボールの中心を正確にミートし、回転をできるだけかけないように意識しましょう。

↑こちらの動画のようにボールを高く上げ、そのボールを地面に落とさないように「リフティング」を続ける練習などがおススメです!

ボールの中心を正確にミートできていなければ、ボールがきれいに真上に上がらず「リフティング」を続けることは難しいでしょう。

まとめ

今回の記事では、インステップキックの威力を上げるために必要な3つの要素について説明させていただきました。

インステップキックで伸びのある『重い』シュートを蹴るために必要なことは以下3つです。

  • 『腸腰筋』を鍛える
  • ボールにインパクトする瞬間は「足首を固定」する
  • ボールの中心を正確にインパクトする

強烈なシュートを打つためには、コンパクトなスイングでボールの中心をインパクトして、インパクト後は「蹴り足の足首を固定して、足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」必要があります。

これらすべてのことを1日でマスターしようとしないでください(笑)

上に挙げた3つの要素を1つずつクリアしていけば、必ず強烈な『重い』シュートが蹴れるようになれますので、諦めずに計画的に練習に励んでくださいね!

思い通りのキックができなかったら、その原因が何だったのかを1本ごとに分析して、次に蹴るときにその反省を生かせるかが「サッカーが上達する人」と「サッカーが上達しない人」との分かれ道になります。

キック1本1本をよく考えながら練習するようにしましょう!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

強烈なシュートを打つためには「蹴り足の振り」に体幹のひねり(回旋)を加えることもポイントになってきますので、こちらの記事も是非ご覧ください!

体幹のひねり(回旋)を利用してシュート力UP!⇒シュートの威力に必要な筋肉とトレーニング!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です