【サッカー】落ちるシュート!トップスピン(縦回転)のかけ方!

ゴールまでの距離が近い位置でフリーキックを得たときなど、相手の壁の上を越して直接ゴールを狙いたいときに効果的なのが『落ちるシュート』です。

ボールにトップスピン(縦回転)をかけることで、相手の壁の上を越した後にボールが落ちるため、相手ゴールキーパにとって『落ちるシュート』は防ぐことが非常に困難です。

スポンサードリンク



これまでの記事では『無回転シュート』や『カーブシュート』などの蹴り方を紹介してきました。

今回はこれらのシュートに加えて、トップスピン(縦回転)のかかった『落ちるシュート』の蹴り方について説明したいと思います。

無回転シュート』『カーブシュート』『落ちるシュート』これら3種類のシュートを使い分けられる選手はプロサッカー界でもそんなに多くはいないと思いますが、頑張ってマスターしましょう!

落ちるシュート!トップスピン(縦回転)のかけ方!

tsubasa

トップスピン(縦回転)のかかった『落ちるシュート』はインフロントキックに分類されます。

「インフロントキック」は「高さの調節」をしたりカーブをかけたり汎用性に優れたキックです。

今回は、その「インフロント」でボールを下からこすり上げて、ボールにトップスピン(縦回転)をかける感覚を養いましょう!

『落ちるシュート』をマスターするためには3つのポイントがあります。

  • 蹴り足の角度を開き気味に(蹴り足を軸足に対して直角)
  • ボールの下側をミートする
  • ボールを下側からこすり上げる

これら3つのポイントについて順番に見ていきましょう!

【ポイント1】蹴り足の角度!

ボールにトップスピン(縦回転)をかけるには、蹴り足の角度が重要になってきます。

通常の「インフロントキック」では、蹴り足を斜めにしてキックしていますよね?

トップスピン(縦回転)をかける場合は、通常の「インフロントキック」より足を開いた状態(蹴り足を軸足に対して直角)にすることがポイントです。

【ポイント2】ボールの下側をミート!

キックするときはボールの中心より下側をミートしましょう。

そうすることで、ボールにトップスピン(縦回転)がかかります。

ミートの位置や蹴り足のインパクト位置は下の写真を参考にしてください。

42

【ポイント3】ボールを下側からこすり上げる!

『落ちるシュート』を蹴るためには…

蹴り足をインフロントより少し開いた状態(蹴り足を軸足に対して直角)で固定し、上図で示した蹴り足のインパクト位置でボールの中心より下側をこすり上げる。

言葉で表現すればこんな感じになります(笑)

皆さんが最も苦労するのが「ボールを下側からこすり上げる」ところだと思います。

「ボールを下側からこすり上げる」は非常に難易度の高いテクニックです。

「ボールを下側からこすり上げる」ところで苦労している方へのアドバイスとして、インパクト後は蹴り足の膝を上げてボールをこすり上げるイメージで蹴ってください。

このような蹴り方をするとフォロースルーは自然と小さくなります。

※「ボールを下側からこすり上げる」には『腸腰筋』や『内転筋』を鍛える必要があります。(後ほど説明させて頂きます)

↑こちらの動画のキッカーは、「ボールを下側からこすり上げる」蹴り方ができているので、ボールにしっかりトップスピン(縦回転)がかかっています。一般人とは思えないですね(笑)

内転筋を鍛えよう!

『落ちるシュート』を蹴るためには、「ボールを下側からこすり上げる」必要があります。

力強くボールを下側からこすり上げられるかどうかが『落ちるシュート』の精度を決定づける最大の要因です。

力強くボールを下側からこすり上げるにはどうしたらよいのでしょうか?

スポンサードリンク



『落ちるシュート』の習得には『内転筋』の強化は必須!

力強くボールを下側からこすり上げるには『内転筋』を鍛える必要があります。

『内転筋』とは、太ももの内側の筋肉のことです。

サッカーにおいては、インサイドキックを強化する目的で『内転筋』のトレーニングがよく取り入れられています。

ボールを下側からこすり上げるときも「インサイドキック」を蹴る時のように「蹴り足の角度を開き気味にする」ので、『落ちるシュート』の習得には『内転筋』の強化は必須だということが分かると思います。

『内転筋』の鍛え方

『内転筋』を鍛えるトレーニングとしておススメしているのが「アダクション」です。

「アダクション」とは、太ももの内側の筋肉を引き締める筋トレ種目のことです。

やり方は簡単です。

横になった状態で上体を起こして、この姿勢から下の脚を上下させるだけです。

↑こちらの動画を参考にしてください!

『内転筋』を鍛えるトレーニングはハードなものが多いですが、このトレーニングは比較的簡単に行うことができます。

そのため、回数を増やすなどして強度を調節するようにしましょう。

余談ですが、サッカーでは太ももの外側に負荷がかかることが多く、カラダのバランス保つ目的でも『内転筋』を鍛えるトレーニングが取り入れられています。

※『内転筋』を鍛えることで、サッカー選手に起こりがちな「内反ねんざ」を防ぐことができます。

『落ちるシュート』をマスターしようとしている方へのアドバイス

『落ちるシュート』をマスターするために、前項で説明した3つにポイントを頭に入れて練習するようにしましょう。

練習のアドバイスとして、始めのうちは強く蹴らずに、トップスピン(縦回転)のかかったボールを蹴ることを意識しましょう。

そのためには、蹴り足のインフロントでボールの中心より下側を正確にインパクトする必要があります。

このとき、蹴り足の角度を少し開き気味(蹴り足を軸足に対して直角)にすることを忘れないでください。

開き気味にした状態で、蹴り足の膝を上げてボールをこすり上げるイメージで蹴れば、ボールにトップスピン(縦回転)がかかるはずです。

慣れない蹴り足の振り方なので、最初のうちは強く蹴ろうとせずに、上の動画などを参考に足の振り方を確認しながら正しくボールを捉えることから始めてください。

『内転筋』のトレーニングも忘れずに!

まとめ

今回の記事では、トップスピン(縦回転)のかかった『落ちるシュート』の蹴り方について説明させて頂きました。

ボールにトップスピン(縦回転)をかけるためのポイントは3つあります。

  • 蹴り足の角度を開き気味に(蹴り足を軸足に対して直角)
  • ボールの下側をミートする
  • ボールを下側からこすり上げる

「ボールを下側からこすり上げる」が上手くできない方は、インパクト後に蹴り足の膝を上げてボールをこすり上げるイメージで蹴ってみてください。

『内転筋』のトレーニングも怠らないようにしてくださいね!

これまで紹介してきた『無回転シュート』『カーブシュート』に加えて『落ちるシュート』をマスターできた方は、サッカー選手としてかなり高いレベルにいると思います。

『無回転シュート』『カーブシュート』『落ちるシュート』これら3種類のシュートを使い分けられる選手は、プロサッカー界にもそうそういません。

本ブログを読んで、これら3種類のシュートのうちどれか1つでもマスターして頂けたら幸いです。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

『無回転シュート』と『カーブシュート』の蹴り方に関しては、こちらの記事をご覧ください!

『無回転シュート』の蹴り方無回転シュートの打ち方!インサイドでも打てる?

『カーブシュート』の蹴り方シュート力UP!カーブの蹴り方

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です