【サッカー】シュートの決定率UP!大切なのはドリブル?

試合で勝つため、チームでレギュラーを獲得するためにはどうしたら良いでしょうか?

答えはシンプルです。シュートの決定率を高めて「得点力のある選手」になることです。

スポンサードリンク



シュートの決定率を高めて、少ないチャンスをゴールに繋げることにより、チームの勝利に貢献することができれば、あなたは自然とチームに欠かせない選手になっているでしょう。

『シュートの決定率』を高めるためにはどうすればよいのでしょうか?

考え方は様々ですが、私が思う『シュートの決定率』を高めるために必要なことは「できるだけゴールに近い場所でシュートを打つこと」だと思います。

できるだけゴールに近い場所でシュートを打つためには「ボールを運ぶ力」=ドリブルの技術を高める必要があります。

サッカー選手にとってドリブルは必須のスキルですよね?

今回の記事では、『シュートの決定率』を高めるための『ドリブル』について説明させて頂きます。

『シュートの決定率』を高めるためのドリブル

messi

『シュートの決定率』を高めるためには「ドリブル」がそんなに必要なの?

シュート力を高める方が優先じゃないの?

と思う方も多いでしょう。

『シュートの決定率』を高めるためには何をすべきか、まずはこれについて整理しておきましょう。

こちらの記事⇒【サッカー】シュートの成功確率を爆発的に高める方法!では、シュートの成功確率を高めるための3つのステップについて説明させていただきましたよね?

  1. 「インステップ」で強く・正確にシュートが蹴れるようになる。
  2. 相手DFをかわす技術を身につける。
  3. 『無回転シュート』などの難易度の高いシュートをマスターする。

決して「シュート力」を高めることが必要ないわけではありません。

今回の記事が【ステップ2】相手DFをかわす技術を身につける。に焦点をあてた内容となっているだけです。

ドリブルの必要性

冒頭でも述べたように、『シュートの決定率』を高めるための手段の1つとして「できるだけゴールに近い場所でシュートを打つ」といった方法が考えられます。

極論にはなりますが、ゴールキーパー含め相手DF全員をドリブルで抜くことができれば『シュートの決定率』は100%になるでしょう(笑)

キックは苦手だけどボールタッチには自信がある!

という選手は、まずはドリブルだけをがむしゃらに練習するのもありかもしれません。

スポンサードリンク



ドリブルでDFを抜き去る!大切なのは敏捷性(アジリティ)!

さて、「ドリブルの必要性」の次は「いかに相手DFをドリブルで抜き去るか」について考えてみましょう。

ドリブルで相手DFを抜き去るために必要なことは何でしょうか?

巧みな足さばき・ボールタッチを駆使して、エラシコやヒールレフトなどの難易度の高いフェイントを使いこなすことでしょうか?

確かに、細かいボールタッチや巧みな足さばきはドリブルで相手DFを抜き去るのに役立ちます。

しかし、巧みな足さばき以上に大切なものがあります。

それは『敏捷性(アジリティ)』です。

もう少し噛み砕いて説明すると、ドリブルに必要な『敏捷性(アジリティ)』とは以下2つのことを指します。

  • 止まった状態から、一気にトップスピードに加速する力
  • トップスピードの状態から、瞬時に止まれる減速する力

メッシ選手から学ぶ!ドリブルにおける『敏捷性(アジリティ)』の重要性

サッカー史上で最高峰の攻撃力を誇るバルセロナの3トップ“MSN”の中心を担っているメッシ選手のドリブルを見ると、ドリブルにおける『敏捷性(アジリティ)』の重要性が分かると思います。

↑まずはメッシ選手の『敏捷性(アジリティ)』を活かしたドリブルを堪能してください!

メッシ選手のドリブルの特徴は、難しいフェイントを使わずに『敏捷性(アジリティ)』を活かした「緩急のつけたドリブル」「緩急のあるターン」だけで相手DFを抜き去っていくところです。

もちろん、あのような高速ドリブルができているのは「正確なボールコントロール力」があってこそですが、上の動画で『敏捷性(アジリティ)』の重要性は充分伝わったかと思います。

『敏捷性(アジリティ)』を鍛えるトレーニング

「緩急のつけたドリブル」や「緩急のあるターン」をするための『敏捷性(アジリティ)』はどのように鍛えたらよいのでしょうか?

『敏捷性(アジリティ)』を鍛えるおススメのトレーニングは、プロサッカー選手がウォーミングアップでよく用いる「ラダートレーニング」です。

↑ラダートレーニングは様々なやり方がありますが、クイックラン(0:09~)やラテラルラン(0:48~)のような基本的なメニューだけでも『敏捷性(アジリティ)』向上の効果は充分期待できます!

前後左右にテンポよくステップを踏み、素早い動きと正確なボディーコントロールをカラダに覚え込ませましょう!

『敏捷性(アジリティ)』を活かしたおススメのフェイント!

最後に『敏捷性(アジリティ)』を活かしたおススメのフェイントを紹介させて頂きます。

↑これはメッシ選手も試合中によく使っているフェイントで、細かいボールタッチを必要としないため初心者の方でも充分扱えます。

ボディフェイントはとてもシンプルなフェイントですが、『敏捷性(アジリティ)』を鍛えておけばかなり有効なフェイントになります。

ラダーはスポーツ量販店などで簡単に手に入りますので、これを機会にラダートレーニングを普段の練習メニューに取り入れてみてはいかがでしょうか^^

まとめ

今回の記事では、『シュートの決定率』を高めるための『ドリブル』について説明させて頂きました。

『シュートの決定率』を高めるための手段の1つとして「できるだけゴールに近い場所でシュートを打つ」といった方法が考えられます。

できるだけゴールに近い場所でシュートを打つためには、ドリブルで相手DFを抜き去る技術を高める必要があります。

ドリブルで相手DFを抜き去るためには、以下2つの力を鍛える必要があります。

  • 止まった状態から、一気にトップスピードに加速する力
  • トップスピードの状態から、瞬時に止まれる減速する力

これら2つの力を『敏捷性(アジリティ)』と言います。

シュートの成功確率を高める3つのステップ

シュートの成功確率を高めるためには以下3つのステップをクリアしていく必要があります。

  1. 「インステップ」で強く・正確にシュートが蹴れるようになる。
  2. 相手DFをかわす技術を身につける。
  3. 『無回転シュート』などの難易度の高いシュートをマスターする。

今回の記事は【ステップ2】相手DFをかわす技術を身につける。 に焦点を当あてた内容にさせていただきました。

【ステップ1】【ステップ3】については、こちらの記事に詳しく書いていますので是非参考にしてみてください!

シュートの成功確率を高める3つのステップ【サッカー】シュートの成功確率を爆発的に高める方法!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です