【サッカー】シュートを外す?決まらない?脱スランプの秘訣!

練習では上手くできるのに、試合では全くシュートが決まらない…大事な場面でシュートを外す…

サッカー人生の中でこのようなスランプに陥ってしまうことは必ずあります。

スポンサードリンク



調子が悪い時はシュートがなかなか枠に飛ばなかったり、枠に飛んでもゴールキーパーの正面だったり、何をやってもうまくいきませんよね。

シュートを外す原因、決まらない原因は練習不足ということも考えられますが、それだけではありません。

ちょっとした意識を変えるだけでシュートが枠に飛び、あなたの得点力を高めることができるかもしれません。

今回の記事では、試合でゴールを決めるための『シュートに対する意識』について説明させて頂きます。

シュートの意識改革!ゴールキーパーの真正面にシュートを打て!

TSU89_goal_TP_V

シュートが枠に飛ばなかったり、枠に飛んだと思ったらゴールキーパーの正面だったり、サッカー選手であればこのような状況(スランプ)に陥ることは必ずあります。

そういった状況で、チームの勝利のために結果を出さなければならないといった気持ちが空回りして、さらに自分の調子を悪化させてしまうこともあるでしょう。

このような状況で、どのようにして自分の調子を取り戻していけば良いのでしょうか?

キーパーの真正面にシュートを打つ!

シュートを決めるにはゴールの四隅に「強く・正確に」ボールを蹴り込むことが必要であり、「強く・正確に蹴る」ためにはどうすればよいかをこれまでの記事ではお伝えしてきました。

練習では「強く・正確に蹴る」ことができるのに試合ではなぜか上手くいかない…

そんなときは、とりあえずキーパーの真正面に目がけて思いっきりシュートを打ってみましょう!

このような意識でシュートを打てば、ゴールは決まらなくともシュートが枠から外すことは無いでしょう。

さて、キーパーの正面に目がけてシュートを打って考えられる状況は以下のようなパターンが挙げられます。

  1. 狙い通りキーパーの正面にボールが飛び、キーパーにキャッチされる。
  2. 狙いが外れてボールがゴールの四隅に飛び、運よくシュートが決まる

これ以外にも様々なパターンが考えられますが、とりあえずこの2パターンで話を進めていきます(笑)

スランプを脱するために必要なことは、どのような結果になっても「常にポジティブに考える」ことです。これを忘れないでください。

【パターン1】狙い通りキーパーの正面にボールが飛び、キーパーにキャッチされる。

狙い通りキーパーの正面にボールが飛び、キーパーにキャッチされたとしましょう。

この時、あなたは全く落ち込む必要はありません。

なぜなら、「強く・正確に蹴る」ことができたのですから!

試合で練習の成果が発揮できた!と喜ぶべきです。

スポーツで結果を出すには、このように常にポジティブに考えられる『メンタルの強さ』が必要になってきます。

なので、次にシュートが打てる状況になれば自信を持ってゴール四隅にボールを蹴り込みましょう。

必ず狙い通りのシュートが蹴ることができ、スランプを脱出することができるでしょう!

【パターン2】狙いが外れてボールがゴールの四隅に飛び、運よくシュートが決まる

狙いが外れてボールがゴールの四隅に飛び、運よくシュートが決まったとしましょう。

このような結果になった時、試合中は素直に喜びましょう。

なぜなら、あなたは試合で結果を残せたからです。

しかし、試合後には「運よく決まったシュート」が自分の実力に見合ったものであったかを考える必要があります。

「強いボールは蹴れるけど、まだコントロールが安定していないなぁ」

など、自分の今の実力を再確認して、今後の練習メニューを見つめなおしましょう!

どちらのパターンにせよ、自分が蹴ったシュートの結果を素直に受け止めることにより、スランプから脱出して「サッカーをしている自分」と前向きに向き合うことができます。

スポンサードリンク



強く・正確にシュートが蹴れるようになろう!

「シュートが決まらない」「大事な場面でシュートを外す」という悩みの抜本的な解決策は「強く・正確なシュートが蹴れるようになること」です。

強く・正確にボールを蹴るためにはどうすればよいのでしょうか?

強く蹴る!

ボールを強く蹴る感覚を養うには「インステップキック」を練習するのが良いでしょう。

インステップキックはボールに最も力を込めやすく「強く・まっすぐ」ボールを蹴るのに適しています。

インステップキックで強いシュートを蹴るためのポイントは「蹴り足の足首を固定して、足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」ことです。

「蹴り足の足首を固定して、足の甲で押し出すようにボールの中心を蹴る」ために心がけてほしいことは以下3つです。

  • 『腸腰筋』を鍛える
  • ボールにインパクトする瞬間は「足首を固定」する
  • ボールの中心を正確にインパクトする

これらの『強いシュートを蹴るための3つの要素』については、こちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください!

強いシュートを蹴る方法!【サッカー】『重い』シュートを蹴る方法を紹介!

正確に蹴る!

ゴールの四隅を狙えるようなコントロールを身につけるためには、軸足を安定させる必要があります。

人間の膝は前後にしか動かないので、軸足を踏み込んだ時点でボールが飛んでいく方向は決まったも同然です。

軸足の安定には体幹筋股関節周辺の筋肉が深く関係していて、「バランスディスク」を用いたトレーニングなどがおススメです。

↑この動画のように、片足でバランスディスクの上に立つだけでも体幹筋や股関節周辺の筋肉が自然に鍛えられるので、空いている時間を利用して是非実践してみてください!

※バランスディスクはAmazonやスポーツ量販店などで簡単に手に入ります。

練習の成果を試合で発揮するために必要なこと

練習ではできるのに、試合では上手くできない…なんてことはサッカーに限らずスポーツをやっている人であれば、一度は思い悩んだことがあると思います。

例えば、フリーキックでカーブを蹴るという状況で考えてみましょう。

練習であれば、狙った位置に百発百中で蹴れるのに、試合のここぞ言う場面では枠を外す…

なぜでしょうか?このようなことで悩んでいる方は練習に取り組むときの意識を変える必要があります。

「相手選手の壁を越え、鮮やかな弧を描いて決める」このようなことだけを目標に練習に取り組んでいるようであれば、いつまでたっても「大事な場面でシュートを外す選手」のままです。

練習の成果を試合で発揮するためには、練習の時から本番さながらの状況をイメージしておかなければいけません。

試合の戦況、壁の人数、天候、ピッチ状況など、できるだけ本番に近い状況を想定して頭の中に経験値として蓄積しておくことにより、本番で変にあがったり、焦ったりする事なく練習通りのパフォーマンスを発揮できるようになります。

こちらの記事も是非ご覧になってみてください!

イメージトレーニングの必要性【サッカー】シュート力UP!スーパープレイの秘訣とは?

まとめ

今回の記事では、「シュートが決まらない…」「大事な場面でシュートを枠から外す…」と悩んでいる方のために、試合でゴールを決めるための『シュートに対する意識』について説明し、試合中に「常にポジティブに考えられる」ためのきっかけを与えさせて頂きました。

試合でシュートを決めるためには「強く・正確に」ボールを蹴る技術も必要ですが、結果を素直に受け止めて次のプレーに生かすという「常にポジティブに考えられる」メンタルの強さも必要になっていきます。

ここぞと言う場面でシュートを外す方は、自身のメンタルをコントロールする力が不足しているのかもしれませんね。

今回は、テクニック的な内容に関してはほとんど触れることができなかったので、過去の記事を参考にしていただければ幸いです。

こちらの記事がおススメです!【サッカー】シュートの成功確率を爆発的に高める方法!

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です