【サッカー】スローモーションから学ぶ!シュートは強く押し出す?

Youtubeには、有名サッカー選手のスーパープレイ集などサッカーに関する動画が数多く投稿されています。

そして、そんな数多くのサッカー動画の中には、シュートを打つ瞬間をスローモーションに編集したものもいくつか投稿されています。

スポンサードリンク



シュートのスローモーション動画を見ていると、強いシュートを打つために必要なことが再認識できます。

強いシュートを打つためのポイントはボールを「強く押し出す」ように蹴ることです。

これまでの記事で何度もお伝えしてきましたが、ボールを「強く押し出す」ように蹴る感覚を身につけることは『無回転シュート』などの難易度の高いシュートをマスターしていくためにも必須です。

がむしゃらに足を振り回しているだけでは、威力のあるボールは絶対に飛んでいきません。

今回の記事では、シュート技術の向上には欠かせない「ボールを強く押し出すように蹴る」ためのトレーニング方法について説明させていただきます。

「ボールを強く押し出す」ために必要な筋肉とは?

威力のあるシュートを打つためには「ボールを強く押し出すように蹴る」ことが大切であると冒頭で述べました。

「ボールを強く押し出すように蹴る」ためには、身体のどの筋肉を鍛えると良いのでしょうか?

腸腰筋を鍛えよう!

「ボールを強く押し出すように蹴る」ためには『腸腰筋』という筋肉を鍛える必要があります。

シュートの威力は膝の屈伸の強さに比例していると勘違いして、大腿四頭筋(ふとももの前の筋肉)を鍛えてしまいがちですが、これは間違いです。

シュートの威力は、股関節の屈曲の強さで決まります。

そして、股関節の屈曲の動力源となる筋肉が『腸腰筋』というわけです。

54

『腸腰筋』は上の画像のように、背骨~骨盤~太ももを繋ぐ筋肉(大腰筋・腸骨筋)の総称で、膝を速く上げるときなどに使われる筋肉です。

床に仰向けに寝転んで片足をまっすぐ上に上げると、足の付け根あたりの筋肉に負荷がかかると思います。

その負荷がかかっている筋肉が『腸腰筋』です。

腸腰筋を鍛えるトレーニング!

腸腰筋を鍛えるトレーニングは自宅でも簡単に行えるものばかりです。

いくつか紹介しておくので、無理のない範囲で行ってみてください。

どちらのトレーニングも股関節の屈曲が伴うので、『腸腰筋』を効率よく強化することができます。やりやすい方から始めてみてください^^

スポンサードリンク



サッカー選手必須!「ボールを強く押し出すように蹴る」感覚を身につけよう!

『腸腰筋』を鍛えたら、後は「強く押し出すように蹴る」感覚を身につけて、ボールに体重を乗せていくだけです。

ボールを蹴る時に意識することは、蹴り足をできるだけ遠くに着地させることです。

足を振り切るというより、足をギリギリまでボールに接触させておくイメージを持っておくとボールに上手く体重が乗ります。

これらの動作が上手くできていると、蹴った後に軸足が自然に浮き上がります。

↑こちらの動画は、インパクトの瞬間をスローモーションに編集してくれています。キッカーは「強く押し出すように蹴る」ことができているので、蹴った後に軸足が浮き上がっています。

足首を固定することも忘れずに!

「強く押し出すように蹴る」と「足首の固定」はセットでマスターするようにしましょう。

足首を固定することにより「強く押し出すように蹴る」という動作が安定し、シュートの正確性が増します。

足首を固定すると言っても、足のどこに力を入れたら良いか分からないですよね?(笑)

そもそも。足首は関節なので力を入れることはできません。

足首を固定するときのポイントは指に力を入れることです。

インステップキックの場合は、足首を伸ばし切って足の指で何かを掴むように固定します。

この時、かかとを持って上下左右いろんな方向に動かしてみてください。

これだけで、足首がグラつくようでは駄目です。

かかとを持って上下左右に動かしても足首がグラつかないような、力の入れ方を身体に覚えさせましょう。

インサイドキックの場合は、親指をくいっと上げると上手く固定できます。

一流のサッカー選手は腸腰筋が発達している!

サッカー選手は試合が終わるとユニフォームを脱いで交換するなど、上半身の肉体美をさらけ出すことが多いですよね?

このような選手たちの上半身を見ていると、ほぼ全員と言っていいほど腸腰筋(正確には大腰筋)が発達しています。

無題

上の写真のクリスティアーノ・ロナウド選手のように、下腹部あたりの筋肉が盛り上がっています。これが大腰筋です。

時間があれば、ネットで他のサッカー選手の体つきを確認してみてください(笑)

こちらの記事⇒【サッカー】超簡単!体幹を鍛える方法とメリットを徹底解説!でも説明したように、腸腰筋は上半身と下半身を繋ぐ体幹筋(インナーマッスル)の一種なので、フィジカルの強さ・一瞬の加速力などに深く関わってきます。

だから、一流のサッカー選手は体幹筋(腸腰筋)のトレーニングを欠かさず行っているんですね!

まとめ

今回の記事では、シュート技術の向上には欠かせない「ボールを強く押し出すように蹴る」ためのトレーニング方法について説明させていただきました。

ボールを「強く押し出す」ように蹴る感覚を身につけることは、シュートの威力を高めたり、『無回転シュート』などの難易度の高いシュートをマスターしていくためにも必須です。

「ボールを強く押し出すように蹴る」ためには、『腸腰筋』を鍛える必要があります。

今回紹介した『腸腰筋』のトレーニングは家でも簡単にできますので是非実践してみてください!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!こちらの記事も是非1度ご覧になってください!

サッカー選手必見!『無回転シュート』の打ち方【サッカー】無回転シュートの打ち方!インサイドでも打てる?

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です