サッカーの基本!シュートの打ち方とコツ&トレーニング動画!

皆さんは『シュート』に対してどのようなイメージを持っていますか?

「ゴールに向かってボールを思いっきり蹴り込むこと」ですか?

スポンサードリンク



サッカーを始めたばかりの方でしたら、このような意気込みで『シュート』をするのも悪くはありません。

もちろんですが、『シュート』の本来の目的は「得点を取ること」ですよね。

「得点を取る」ためにはどのような『シュート』を打てば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

キーパーが届かないところに強く・正確にボールを蹴り込めばいいんです!これがシュートの基本です。

今回の記事では、得点を取るためのシュートの打ち方・コツやシュート力向上のためのトレーニング動画を紹介させていただきます。

『シュート』の目的とは

428c3363cc8692d6311edd6ad5cf4330_s

冒頭でも述べましたが、『シュート』の目的は「得点を取ること」ですよね。

得点を取るためには、キーパーが届かないところに強く・正確にボールを蹴り込む必要があります。

強く・正確なシュートを打ちたいのであれば、ただ思いっきり足を振り回しているだけではいけません。

シュートの基本的スキルである「キック力」と「コントロール」の向上がシュート力アップの近道です!

次項より、シュートを強く・正確に打ち込むためのコツやトレーニング方法を紹介していきます。

ボールを強く蹴る!

ボールを強く蹴るためには、体幹を鍛えて「ボールを押し出すように蹴る」ことが重要です。

この「押し出す」という動作を強くしていくために『腸腰筋』という体幹筋を鍛える必要があります。

田中陽子選手の無回転シュートを解説!大切なのは体幹?の記事でも紹介しましたが、元ヤングなでしこ田中陽子選手が小柄な体格ながらも『無回転シュート』を打つことができるのは、『腸腰筋』などの体幹筋を日頃から鍛えているからです。

腸腰筋とは?

腸腰筋とは背骨~骨盤~太ももの骨にかけて伸びている筋肉の総称で、下の動画を見ても分かるように『腸腰筋』は膝を上げる動作などに使われます。

そのため『腸腰筋』は、ボールを強く蹴る以外にも、速く走ったりするためにも活躍する体幹筋と言えます。

さらに『腸腰筋』は骨盤を安定させる役割も担っており、外部から加わった力をうまく利用したり、緩和したりする機能も持っています。

この機能は、相手選手と接触する場面の多いサッカー選手にとっては魅力的ですよね!

セリエA・インテルでプレーしている長友選手が、170㎝と小柄な体格でありながら海外の大きな選手に当たり負けしないのは、普段から体幹トレーニングによって『腸腰筋』を鍛えているからです。

スポンサードリンク



腸腰筋を鍛えるトレーニング

腸腰筋は「お尻歩き」や「スクワット」などでも鍛えることができますが、

キック力向上のために行うトレーニングとして、私がおススメしているのは「ウォーキングランジ」というトレーニングです。

ウォーキングランジは『腸腰筋』を鍛えると同時に、股関節の可動域も広げることができるので、シュート力向上にはもってこいのトレーニングです!

ウォーキングランジのやり方は、下の動画を参考にしてください。

 

ウォーキングランジは左右の足を入れ替える時に片足立ちになります。

この時に腹筋に力を入れて身体がグラつかないように意識することで、腸腰筋以外の体幹筋も鍛えることができ、ボディバランスの向上が期待できます。

また、腸腰筋を効率よく鍛えるためにも、反動で上体を起こすのではなく、足の裏でしっかりと地面を捉えて上体を起こすようにしましょう。

上の動画のように、テンポよく行うよりも一歩一歩をしっかり踏み込みながら行う方が良いかもしれません。

ボールを押し出すように蹴るコツ

最後に、ボールを押し出すように蹴るコツを紹介させていただきます。

21.1

ボールにうまく力が伝わっていない方の共通点として、左のように足をバットのように振ってしまっている方が多いです。

ボールを押し出すように蹴るためには、足をバットのように振るのではなく、軸足の方向にまっすぐ押し出すように足を振ることを心がけてください。

キックのコントロールを安定させる!

威力のあるボールを蹴れるようになったら、後はそのボールをキーパーの届かない場所に打ち込むだけですね!

キックのコントロールを向上させるには、軸足を安定させることが1番の近道です。

軸足の重要性

キック練習をしている時は、どうしても自分の蹴り足の方を意識してしまいがちです。

蹴り足をしっかり振り抜くのは大切なことです。

だからこそ『軸足』を意識するべきなのです。

人間の膝は前後にしか動かないので、軸足を踏み込んだ時点でボールが飛んでいく方向はほぼ決まってしまいます。

ボールの横に軸足をセットするときは、蹴りたい方向につま先を向けるように意識して下さい。

足の形状には個人差がありますので、蹴りたい方向につま先を向けることにこだわり過ぎないように注意してください。

大切なことは、蹴り足がまっすぐスムーズに振れるように軸足をセットすることです。

軸足のセットが完了すれば、あとは「強く押し出すように蹴る」だけですね!

軸足を安定させるトレーニング

最後に軸足を安定させるためのトレーニングを紹介させていただきます。

軸足が安定していなければ、自分のキック力を最大限に活かすことができないですよね。

軸足を安定させるには、体幹筋股関節周辺の筋肉を鍛える必要があります。

私がおススメしている「軸足を安定させるトレーニング」はバランスディスクを用いたトレーニングです。

トレーニング内容はシンプルで、片足でバランスディスクの上に立つだけです。

バランスディスクはAmazonやスポーツ量販店などで簡単に手に入るので是非実践してみてください!

↑こちらの動画を参考にしてみてください!

まとめ

今回の記事では、得点を取るためのシュートのコツやシュート力向上のためのトレーニング方法を紹介させていただきました!

シュートの基本的スキルである「キック力」と「コントロール」の向上がシュート力UPの1番の近道です!

「キック力」向上のためには『腸腰筋』を、「コントロール」向上のためには体幹筋などの股関節周辺の筋肉を鍛える必要があります。

是非、今回紹介した「ウォーキングランジ」やバランスディスクを用いたトレーニングを実践してみてください!

今回も、最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です