【サッカー】クロスからのボレーシュートをマスターしよう!

サッカーにおける代表的な得点パターンの1つが『クロスからのシュート』です。

味方からのクロスボールを鮮やかな『ボレーシュート』でゴールネットを揺らす

といったプレーは、サッカー選手であれば誰もが憧れるでしょう。

スポンサードリンク



精度の高い『ボレーシュート』をマスターするためにはボールの落下地点を予測する力、カラダの使い方、蹴り足の使い方など、様々なポイントを押さえておかなければいけません。

なので今回は、味方のクロスボールを得点に繋げるための『ボレーシュート』の蹴り方について説明させて頂きます。

これまでの記事で紹介した『無回転シュート』や『ドライブシュート』などと同様に、『ボレーシュート』はあなたの得点力を大幅にアップさせてくれる技術の1つなので是非マスターしてください!

ボレーシュートの蹴り方!

i

『ボレーシュート』は浮いているボールをダイレクトで蹴るシュートです。

そのため、これまで紹介してきた『無回転シュート』などと同様に難易度の高いシュートであると言えます。

『ボレーシュート』をマスターするためのポイントは3つあります。

  1. ボールの落下地点を予測する
  2. 軸足はゴールに、カラダはボールに向ける(上半身のためを利用する)
  3. 蹴り足は固定してコンパクトに振る(壁を作るイメージ)

それでは、これら3つのポイントについて順番に見ていきましょう!

【1】ボールの落下地点を予測する

ボールの落下地点を予測する力は『ボレーシュート』をマスターするための絶対条件です。

ボールの落下地点を予測する力は『ボレーシュート』以外にも、ヘディングシュートやトラップなどの上達にも必要なので、サッカー選手には必須の能力と言えます。

『ボレーシュート』を打つ場合は、ボールがカラダの右前に来るように助走を調節しましょう。(右利きの方を想定しています)

この時、ステップを細かく刻みながら自分のカラダの位置を微調整しましょう。

ボールの落下地点を予測する力が未熟なうちは、チームメイトに山なりのボールを投げてもらい、自分のシュートポディションを見つける練習をしましょう。

【2】軸足はゴールに、カラダはボールに向ける(上半身のためを利用する)

ボールの落下地点を予測し、自分のシュートポディションを見つけられるようになったら、次は実際に『ボレーシュート』を打ってみましょう。

ボレーシュートは「上半身のため」を上手く利用することが上達のポイントです。

味方のクロスボールが上がって「自分のシュートポディション」を見つけたら、軸足はゴールの方向に、カラダは近づいてくるボールの方向に向けておきましょう。

これにより「上半身のため」が生まれます。

インパクトの瞬間にカラダをゴールに向けてひねり、「上半身のため」を開放します。

この時、ボールから目を離さずにカラダを寝かせ、腰を回転させながら蹴り足を振り抜きましょう。

スポンサードリンク



【3】蹴り足は固定してコンパクトに振る(壁を作るイメージ)

落下地点を予測して、インパクトの瞬間に「上半身のため」を開放する

これが『ボレーシュート』の基本です。

『ボレーシュート』の精度を上げるためには、ここまで紹介してきた『ボレーシュート』の基本に加えて「ミートの正確性」を付け足す必要があります。

試合中に味方からのクロスボールが上がると、どうしてもゴールを意識してしまい蹴り足の振りが大きくなってしまいます。

ここで意識してほしいのが、蹴り足を固定して「足の壁」を作るイメージを持ってコンパクトに振り抜くことです。

『ボレーシュート』はボールの反動を利用するシュートです。

思いっきり振らなくても、しっかり蹴り足を固定して正確にボールにミートすることができれば、強いボールが飛んでいきます。

これから『ボレーシュート』を打つ時は、味方からのクロスボールを「足の壁」を使ってゴールに導くといったイメージを持って打ちましょう!

↑こちらの動画では、「ボールの落下地点への入り方」「インパクトの瞬間の蹴り足の使い方」などについて詳しく説明してくれているので参考にしてみてください!

クロスボールの蹴り方も紹介!

精度の高い『ボレーシュート』が打てる技術も大切ですが、味方がシュートを打ちやすい『クロスボール』を蹴る技術も同じくらい大切です。

私がおススメするのは「インフロント」でカーブ回転をかけた『クロスボール』です。

カーブの弾道をおススメする理由は、ゴールキーパーから逃げるようなボールになり、DFとゴールキーパーの間に蹴り込みやすいからです。

カーブ回転のかけ方

ボールにカーブ回転をかけるためには「インフロント」でボールの外側をこするように蹴るのがポイントです。

カーブ回転のかけ方については、こちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください。

カーブ回転のかけ方!【サッカー】シュート力UP!カーブの蹴り方

ボールに上手くカーブ回転がかかると、下の動画のような『クロスボール』が蹴れるようになります。

蹴る時は、軸足をゴールの方向に向けるようにしましょう!

まとめ

今回は、味方のクロスボールを得点に繋げるための『ボレーシュート』の蹴り方について説明させて頂きました。

精度の高い『ボレーシュート』を打つためのポイントは3つあります。

  1. ボールの落下地点を予測する
  2. 軸足はゴールに、カラダはボールに向ける
  3. 蹴り足は固定してコンパクトに振る(壁を作るイメージ)

『ボレーシュート』を打つときはゴールを意識しすぎて、ついつい蹴り足の振りが大きくなってしまいがちです。

『ボレーシュート』はボールの反動を利用するシュートなので、思いっきり足を振り抜かなくても強いボールは充分蹴れます。

味方のクロスボールを「足の壁」を使ってゴールに導くといったイメージを持って打ちましょう!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

クロスボール』の蹴り方のところで「カーブ」について少し触れましたが、ボールに「カーブ回転」をかける技術はフリーキックやコーナーキックにも応用できるので是非マスターして頂きたいです!

カーブの蹴り方はこちら!【サッカー】シュート力UP!カーブの蹴り方

スポンサードリンク



p.s.

あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!
トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
≪詳細はこちらをクリック!≫

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!

トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です